sugarless time

甘く切ない80年代、甘くない現在の興味のあること中心に綴ります。

2022-23 WEリーグ移籍情報 第3回『ジェフユナイテッド市原・千葉レディース』編

 

2021-22 WEリーグは全日程を5月に終え、6月7日には『WEリーグアウォーズ』も終え、公式行事は全て終了しました。

www.youtube.com

 

WEリーグ初年度(2021-22)シーズンはプロ化初年度としては興行的にはとても順風満帆な出だしとは言い難いものでしたが、2022-23シーズンに向けて各チームは始動しはじめています。

 

6月22日に2022年10月22日に開幕し2023年6月11日に終了する2022-23シーズン大会概要も公式発表されています。

weleague.jp

 

WEリーグ 2021-22データ

WEリーグ初年度(2021-22)の結果と各種データを以下を参照。

勝敗表

順位 チーム 勝点 得点 失点
1 神戸 50 16 2 2 35 9 26
2 浦和 42 13 3 4 40 24 16
3 ベレーザ 34 10 4 6 32 18 14
4 市原 34 9 7 4 26 18 8
5 仙台 31 9 4 7 25 16 9
6 広島 25 7 4 9 24 26 -2
7 長野 21 5 6 9 15 24 -9
8 新潟 19 4 7 9 20 30 -10
9 大宮 18 3 9 8 17 31 -14
10 ノジマ 13 2 7 11 13 31 -18
11 ちふれ 13 2 7 11 13 33 -20

 

シュート/被シュート

各チームのシュート数/被シュート数は以下の通り、ともにトップの『日テレベレーザ』が勝点では3位、ともに3位の『INAC神戸』が初年度チャンピオンという結果になりましたが、『日テレベレーザ』が被シュート数が少ないわりに失点が多い、これは『浦和』にも言えることで、失点が一桁台だった『INAC神戸』がいかに粘り強く守れていたかと比較すると対象的です。

またシュート数で圧倒している『日テレベレーザ』の得点数は3位というのも目を引く結果となっています。

 

『市原』ですが、2020年『なでしこリーグ1部』では全10チームで6位でフィニッシュしていますが、勝点では『日テレベレーザ』とならぶ34、シュート数、被シュート数もバランスよくチーム編成次第では2022-23シーズンはさらに期待が持てそうです。

 

シュート数
順位 チーム シュート数 平均
1 ベレーザ 318 15.9
2 浦和 259 12.95
3 神戸 223 11.15
4 市原 196 9.8
5 広島 188 9.4
6 仙台 179 8.95
7 新潟 178 8.9
8 ノジマ 148 7.4
9 ちふれ 147 7.35
10 大宮 147 7.35
11 長野 140 7

 

被シュート数
順位 チーム 被シュート数 平均
1 ベレーザ 131 6.55
2 浦和 139 6.95
3 神戸 161 8.05
4 長野 180 9
5 仙台 191 9.55
6 市原 201 10.05
7 広島 203 10.15
8 新潟 225 11.25
9 大宮 227 11.35
10 ちふれ 230 11.5
11 ノジマ 232 11.6

 

入場者数

順位 チーム 入場者数 平均
1 神戸 31584 3158.4
2 大宮 22788 2278.8
3 浦和 21324 2132.4
4 ベレーザ 16880 1688
5 市原 13699 1369.9
6 広島 12330 1233
7 長野 11750 1175
8 仙台 11733 1173.3
9 ちふれ 10385 1038.5
10 新潟 9573 957.3
11 ノジマ 9555 955.5

当初1試合平均5,000人を目標に掲げましたが、1試合あたりの入場者数がトップの『INC神戸』でさえ3,000人を超えたていど、『ノジマ』と『新潟』は1,000人にも達しませんでした。

『新潟』については解りませんが、『ノジマ』に関しては勝てないし、やってるサッカーも魅力に欠けるものだったので仕方ない気がします。

他では新規にチームを立ち上げた『大宮』の健闘が目を引きますね、男子チームの不甲斐なさへの反動とかもあるかもしれませんけど、それは冗談で地域一体となって盛り上げているように感じます。

『市原』についてですが、個人的な主観ですけど、もっと人気がないと思っていたのですが、そこそこ集客していることに驚きました。

これも不甲斐ない男子チームへの反動なのか?やはり歴史ある男子チームがあると、少なからず集客には結びついているような気もしますね。

 

チーム編成

ここからが本題、全11回に分けてWEリーグ所属各チームの2022-23シーズンに向けてのチーム編成(移籍情報)をまとめていっている第3回になります。

 

出典:ジェフユナイテッド市原・千葉レディース クラブプロフィール | WEリーグ | Women Empowerment League

 

www.sugarless-time.com

www.sugarless-time.com

 

第3回は『ジェフユナイテッド市原・千葉レディース』編、前述の第1回、第2回は多少身贔屓てきなところもありましたが、原則チーム編成が進んでいるところを優先していますので、あしからずです。

 

情報に関しての順序は順不同、編成が進んでいるチームから掲載していく予定です。

 

監督

jefunited.co.jp

『猿澤真治』監督が留任です。

成績も良かったですし、ライセンス問題もありませんから、『猿澤真治』さんご本人の気持ちもありますが、交代するような要因はないですからね。

チーム編成にもよりますが『猿澤真治』さんがやろうとするサッカーもさらに熟成されてくると思うので『ノジマステラ』サポとしては嬉しくないです(笑)

 

契約更新選手

監督は前述のとおりで、選手の方ですが以下が契約更新した選手一覧になります。

ポジション 名前 生年月日 身長 体重 出身地 備考
GK 清水 栞 1996/10/17 170 62 東京
米澤 萌香 1999/8/16 162 63 広島
程思瑜 1989/9/25 172 62 台湾
大熊 茜 2004/9/15 173 65 千葉 下部登録
DF 藤代真帆 2000/5/7 161 57 千葉
市瀬 千里 1999/6/7 167 54 千葉
林香奈絵 1994/2/27 164 53 兵庫
大熊 環 2001/12/25 169 60 千葉
井上 千里 2002/10/27 167 58 千葉
田中真理 1993/1/10 172 57 東京
石田菜々海 1998/9/8 167 56 静岡
城和怜奈 2002/5/9 173 64 千葉
蓮輪真琴 1999/4/6 170 59 大分
MF 今井裕理奈 1998/2/20 160 55 東京
岸川 奈津希 1991/4/26 168 62 神奈川
鴨川実歩 1997/8/27 157 55 茨城
曽根七海 1999/9/2 159 56 千葉
安齋結花 1996/10/14 154 51 千葉
藤尾きらら 1998/11/2 156 52 熊本
FW 大滝 麻未 1989/7/28 174 57 神奈川
千葉 玲海菜 1999/4/30 162 58 福島
今田 紗良 2000/3/24 163 58 福岡
大澤春花 2001/4/15 160 54 東京
広瀬 桜 1997/9/9 161 54 埼玉

現時点で2021-22シーズン契約選手の動向は確定しています。

 

移籍選手

IN
ポジション 名前 生年月日 身長 体重 出身地 前所属
DF 鶴見綾香 1994/4/27 162 53 東京 オルカ鴨川(なでしこリーグ1部)
MF 佐藤 瑞夏 1998/9/19 158 54 埼玉 仙台
OUT
ポジション 名前 内容 次所属
FW 南野 亜里沙 移籍 ノジマ
FW 小澤 寛 退団
FW クインリークエザダ 移籍 ツルヴェナ・ズヴェズダセルビア

 

まとめ

退団する選手、加入する選手に特にインパクトはなさそうに感じます。

ノジマステラ』に復帰となった『南野亜里沙』選手は出場試合数こそ11試合でしたが、無得点でしたし、他の2名の出場試合数はいずれも5試合以下、加入する『佐藤瑞夏』選手はWEリーグ初年度は出場なし、『鶴見 綾香』選手は元々『市原』の下部組織出身選手といった感じです。

監督留任とともによりチームを熟成させていくように見受けられる編成になっています。

 

次回は未定、編成が進んでいるところを優先していきます。

 

以上

 

 

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へにほんブログ村

sugarless time - にほんブログ村