sugarless time

甘く切ない80年代、甘くない現在の興味のあること中心に綴ります。

2022-23 WEリーグ移籍情報 第2回『AC長野パルセイロ・レディース』編

 

2021-22 WEリーグは全日程を5月に終え、6月7日には『WEリーグアウォーズ』も終え、公式行事は全て終了しました。

www.youtube.com

 

WEリーグ初年度(2021-22)シーズンはプロ化初年度としては興行的にはとても順風満帆な出だしとは言い難いものでしたが、2022-23シーズンに向けて各チームは始動しはじめています。

WEリーグ 2021-22データ

WEリーグ初年度(2021-22)の結果と各種データを以下を参照。

勝敗表

/ 勝点 得点 失点
神戸 50 16 2 2 35 9 26
浦和 42 13 3 4 40 24 16
ベレーザ 34 10 4 6 32 18 14
市原 34 9 7 4 26 18 8
仙台 31 9 4 7 25 16 9
広島 25 7 4 9 24 26 -2
長野 21 5 6 9 15 24 -9
新潟 19 4 7 9 20 30 -10
大宮 18 3 9 8 17 31 -14
ノジマ 13 2 7 11 13 31 -18
ちふれ 13 2 7 11 13 33 -20

 

シュート/被シュート

各チームのシュート数/被シュート数は以下の通り、ともにトップの『日テレベレーザ』が勝点では3位、ともに3位の『INAC神戸』が初年度チャンピオンという結果になりましたが、『日テレベレーザ』が被シュート数が少ないわりに失点が多い、これは『浦和』にも言えることで、失点が一桁台だった『INAC神戸』がいかに粘り強く守れていたかと比較すると対象的です。

またシュート数で圧倒している『日テレベレーザ』の得点数は3位というのも目を引く結果となっています。

『長野』ですが、総得点15は下から3番目、シュート数は最下位、『長野』の試合はたまたま1試合だけ観ましたが(相手は『ノジマステラ』)、相手が相手なんですけど、押し込んでいるもののシュートシーンはそれほど多くなかったので、そこらへんが課題かもしれませんね。

但し相手が相手ですし1試合だけの感想です。

 

シュート数
/ チーム シュート数 平均
1 ベレーザ 318 15.9
2 浦和 259 12.95
3 神戸 223 11.15
4 市原 196 9.8
5 広島 188 9.4
6 仙台 179 8.95
7 新潟 178 8.9
8 ノジマ 148 7.4
9 ちふれ 147 7.35
10 大宮 147 7.35
11 長野 140 7

 

被シュート数
/ チーム 被シュート数 平均
1 ベレーザ 131 6.55
2 浦和 139 6.95
3 神戸 161 8.05
4 長野 180 9
5 仙台 191 9.55
6 市原 201 10.05
7 広島 203 10.15
8 新潟 225 11.25
9 大宮 227 11.35
10 ちふれ 230 11.5
11 ノジマ 232 11.6

 

入場者数

順位 チーム 入場者数 平均
1 神戸 31584 3158.4
2 大宮 22788 2278.8
3 浦和 21324 2132.4
4 ベレーザ 16880 1688
5 市原 13699 1369.9
6 広島 12330 1233
7 長野 11750 1175
8 仙台 11733 1173.3
9 ちふれ 10385 1038.5
10 新潟 9573 957.3
11 ノジマ 9555 955.5

当初1試合平均5,000人を目標に掲げましたが、1試合あたりの入場者数がトップの『INC神戸』でさえ3,000人を超えたていど、『ノジマ』と『新潟』は1,000人にも達しませんでした。

『新潟』については解りませんが、『ノジマ』に関しては勝てないし、やってるサッカーも魅力に欠けるものだったので仕方ない気がします。

他では新規にチームを立ち上げた『大宮』の健闘が目を引きますね、男子チームの不甲斐なさへの反動とかもあるかもしれませんけど、それは冗談で地域一体となって盛り上げているように感じます。

 

チーム編成

ここからが本題、今回から全11回に分けてWEリーグ所属各チームの2022-23シーズンに向けてのチーム編成(移籍情報)をまとめていきたいと思います。

 

出典:AC長野パルセイロ・レディース クラブプロフィール | WEリーグ | Women Empowerment League

 

www.sugarless-time.com

 

第1回は地元神奈川の『ノジマステラ神奈川相模原』編、そして今回、第2回は私の母の出身地でもあり、当然私の血も半分は長野県産、そして神奈川以外だと、東京に次いで長野の地を踏んでいるということで『AC長野パルセイロ・レディース』編、第2回も第1回同様に身贔屓したわけではなく、チーム編成が進んでいるからですので、あしからずです。

 

情報に関しての順序は順不同、編成が進んでいるチームから掲載していく予定です。

 

監督

parceiro.co.jp

先ずは監督はリンクで社長さんのコメントにもあるのですが、ライセンスの問題もあり初年度(2021-22)は『小笠原唯志』さんが監督、ライセンス問題をクリアすべくヘッドコーチとして準備してきた『田代久美子』さんの監督就任が発表されています。

 

他のチームにも女子監督はいますが、WEリーグですし、今後の女子サッカー界発展のためにも頑張ってほしいですね。

 

契約更新選手

監督は前述のとおりで、選手の方ですが以下が契約更新した選手一覧になります。

ポジション 名前 生年月日 身長 体重 出身地 備考
GK 伊藤 有里彩 2001/4/2 172 63 長野
風間 優華 1999/5/27 175 62 長野
DF 肝付 萌 1997/6/17 157 49 神奈川
池田 玲奈 1997/5/24 164 47 新潟
橋谷 優里 1997/11/15 164 57 宮崎
奥津 礼菜 1997/5/12 161 53 神奈川
國生 乃愛 2002/9/18 166 65 鹿児島
岩下 胡桃 1992/11/2 170 57 栃木
安倍 乃花 2004/3/16 171 59 大分
MF 大久保 舞 1996/9/3 161 49 山梨
三谷 沙也加 1995/5/13 161 49 岡山
瀧澤 莉央 1996/9/30 156 51 新潟
鈴木 日奈子 1998/5/20 162 54 栃木
岡本 祐花 1997/9/20 168 54 東京
伊藤 めぐみ 2002/4/7 150 47 長野
小鍜治 旭 2002/8/6 161 46 石川
稲村 雪乃 2003/2/19 157 53 長野
國澤 志乃 1991/4/27 162 59 高知
久保田 明未 1999/9/14 167 57 茨城
太田 萌咲 2003/4/4 159 52 東京
FW 中村 恵実 2000/8/24 168 59 長野
村上 日奈子 2000/2/16 157 49 宮崎
川船 暁海 2003/12/25 160 55 長野

現時点で2021-22シーズン契約選手の動向は確定しています。

 

移籍選手

IN
ポジション 名前 生年月日 身長 体重 出身地 前所属 備考
DF 長江 伊吹 2002/3/3 160 52 富山 INAC神戸
MF 菊池 まりあ 2001/12/5 160 53 宮崎 INAC神戸

 

OUT
ポジション 名前 内容 次所属
GK 池ヶ谷 夏美 引退
DF 五嶋 京香 移籍 大宮
DF 大河内 友貴 退団
DF 藤田 理子 退団
MF 瀧澤 千聖 移籍 広島
MF 八坂 芽依 引退
MF 住永 楽夢 引退
FW 泊 志穂 引退

退団した選手は上記のとおり、移籍するのが2021-22WEリーグ優秀選手27名(下記リンク参照)に選ばれた『五嶋京香』選手、『瀧澤千聖』選手、『長野』から選ばれたのは前述の2名だけですので『長野』にとってかなりインパクト強めの移籍になっています。

weleague.jp

加入選手はというと現時点(6月20日)では『INAC神戸』から世代別代表にも選ばれた2人の若手の移籍が発表されています。

INAC神戸』というチーム事情もあり出場機会も限られていたと思うので、新天地で飛躍して欲しいですね。

 

まとめ

前述した通り2021-22シーズンで活躍をした2人が移籍するというインパクト強めの情報、加入選手はWEリーグ初年度チャンピオン『INCA神戸』から若手2人なので、若干チーム力は落ちたように感じますし、新監督にとって厳しいシーズンになるかもしれませんけど、逆に新監督の腕の見せ処になるかもしれませんね。

私の第2の故郷のチームですし、他にも良い選手(肝付萌選手、瀧澤莉央選手などなど)はいるので2022-23シーズン、『ノジマステラ』の次に応援しています。

 

次回は『ジェフユナイテッド市原・千葉レディース』の予定。

 

以上

 

 

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へにほんブログ村

sugarless time - にほんブログ村