sugarless time

甘い80年代から甘くない現在を行き来します。

チャンプ

チャンプ、チャンプ

 

リッキー・シュローダーの声が

年月を経ても忘れられません。

 

 

チャンプとは・・・

1979年公開いまもなお

“最も確実に人を泣かせる映画”という栄誉に輝く作品ですね。

eiga.com

 

キャスト (主な出演)

ジョン・ボイド

主演ビリー役は真夜中のカーボーイでブレイクした“ジョン・ボイド”

“アンジョリーナ・ジョリー”の実父というほうが今では有名かもしれませんね。

レンタルビデオが普及して大人になってから真夜中のカーボーイ

観ましたが、これも良い映画でしたよ。

eiga.com

フェイ・ダナウェイ

ビリーの元妻アニー役は既に数々の映画に出演アカデミー賞受賞の

フェイ・ダナウェイ、映画を観た時点での印象はあまりなかったのですが、

こちらも、やはりレンタルビデオが普及後に見た”俺達に明日はない”の

ボニー役が鮮烈でした。

eiga.com

リッキー・シュローダー

ビリーとアニーの子供TJ役がこの作品がデビューとなった当時9歳の

リッキー・シュローダーですが、この子役が凄い!?

既に名声を得ていた父役、母役の二人を

食い尽くしてしまうほどの“確実に人を泣かせる”

演技を魅せてくれたのが“リッキー・シュローダー”

正直なところチャンプリッキー・シュローダーの映画です。

 

初めて観たのは・・・

名画座

初めて観たのは1980年か1981年頃、

レンタルビデオもない時代(歳がバレるじゃん)、

ロードショーではなくて今でもあるのかな~

新宿の劇場名は忘れましたがいわゆる名画座

しかもクレイマー、クレイマーとの豪華二本立てでした。

eiga.com


 子供ながらもメディアなどで見聞きしていたこともあり、

当然お目当てはクレイマー、クレイマーだったのですが、

まだ、子供だった自分はダスティンフォフマンの演技力とか

解らないし、大した感動も覚えずにとにかく退屈でした。

(色々と知ってしまった大人となった今、あらためて観ると

凄い映画なのかもしれませんね、でも初見が面白くなかったので

観ようと思わないんだけど・・)

 

しかし、おまけと思って観たチャンプ”に号泣、

涙腺が弱くなった今でも、内容を知っていても号泣します。

  

評価

最も確実に泣かせる映画といわれるだけあって、 

国内の口コミでの評価も概ね高いですよ。

eiga.com

 

movies.yahoo.co.jp

 

口コミなどでは脚本・演出にリアリティがないなど、

もっともな意見があるのですが、初めて観た時は気にもしませんでしたが、

大人になると色々と知らなくてもいいことまで見えてきて、

あらためて観ると私もそうは思うんだけど、

あくまで、それは観終わった後の感想なんですよね、

観ている間はそんなこと考える余裕なんてなくて、

号泣モードに引きずり込まれるんです。

 

観ている間に脚本・演出の良し悪しなど

考えさせる映画こそ退屈な映画だ!?

  

科学者による実証結果による最も確実に人を泣かせる映画

観たことのない人は一度は体験してみてはいかがでしょうか!?

 

チャンプについてさらに詳しく知りたい方は・・・

まずはウィキペディアで・・・

ja.wikipedia.org