sugarless time

甘い80年代から甘くない現在を行き来します。

37.3度の週末

 

天皇誕生日の振替休日明けのになる2月25日(火)の

夜から急に歯が痛み出した。

 

 

 

昨年末も同じ箇所が痛くて仕方なかったのですが、

痛み出したのが平日ということもり、

かかりつけの歯医者は自宅近くのため平日は午後の

診察時間には行けないので週末まで我慢しようと

思っていたら、週末には痛みがなくなったので放置。

 

今回も週末まで我慢しようと思っていたのですが、

26(水)昼過ぎから痛みが激しくなり、デスクの

奥のほうに放置してある「バファリン」を服用、

少しは痛みは緩和したものの集中して仕事できる

状況とはほど遠い(汗)

本当はかかりつけの自宅近くの歯医者行きたいけど、

我慢できるレベルじゃなくなったので、

勤務地最寄り駅の遅い時間まで診察してくれる

歯医者を探して終業時間間際に電話すると、

電話に出た若そうな女の子が

「予約でいっぱいなので、お待ちになることになります」

 と同時に「帰るの遅くなるんで困ります」という

心の声が響いてくるも・・・

「どのくらい待つことになりますか?」と返すと

「1時間はみてください」と勝ち誇ったような返事、

こちらとしては歯の痛みが和らぐのなら3時間待ったって

構わないのだから・・・

「全然構いません、18:30頃伺います」

 残念そうに「お待ちしています」・・・

その後に氏名やら連絡先などを伝え電話を切った。

 

待合室ではそれほど待たなかったが、ひっきりなしに

訪れる患者さんに対応していることもあり、

問診⇒レントゲン⇒待ち⇒麻酔⇒待ち

⇒治療前に掃除(衛生士)⇒待ち⇒治療で

会計した時には19:30を少しまわってました。

 

雑に症状を説明すると神経を除去している歯の奥が

化膿してそれが原因だったようです。

歯医者じたい2年ぶりくらいだったので歯石もそうとう

溜まっており治療を含め4、5回通院とのことでした。

 

とにもかくにも痛みは和らぎました。

化膿を抑える薬と鎮痛剤を処方してもらい帰宅。

 

2月27日

あの歯医者大丈夫だったのか?

行く前も口コミなどをか~るくチェックして

良く言う人も悪く言う人も半々くらいだったので受診したけど、

治療した側の頬の腫れが尋常ではありません。

痛みも多少残っているし、治療部分を気にしながら

歯を磨くも口をゆすぐと赤いものが混じっているし・・・

でも鎮痛剤を飲んでいる限りでは業務に支障はないし、

いずれ腫れもひくだろうと楽観視してました。

 

2月28日

徐々に腫れもひきはじめたようです。

鎮痛剤なしでも痛みは我慢できるレベルなんで

ここでまた一安心したのですが・・・

昼頃から腰が痛みだしてきました。

わたしは扁桃腺がすぐ腫れるほうで発熱前って

必ず腰とか関節に痛みがくるんです(汗)

帰りの電車の中ではヤバッ絶対熱があるって確信(汗)

 

自宅に戻り、すぐに検温すると・・・

37.3°・・・思ったよりは高くない(汗)

酷いときは39°近くなんてざらなんです。

でもこれから高くなる可能性もなくはない。

熱ぽいけど腰が痛いくらいで咳も出ないし、

喉の痛みもないと聞かれればないし、

あると聞かれれば多少あるかもって程度。

 

コロナウイルス騒ぎになる前から冬場の通勤電車内では

いつもマスクしているし、職場でも最近はマスクしています。

絶対感染しないと言い切れるわけではないけど、

普段も寝不足とかの疲れから扁桃腺が腫れるってパターンが

多いので「いつものやつだよ」と妻に説明するも・・・

妻は私よりはこういうことに過敏なので・・・

夕食をとったあとにすぐ軟禁されました。

 

寝室は電波状態が悪いしパソコンいじるのも

気がひけるのでスマホであらためて色々確認してました。

www.mhlw.go.jp

 

神奈川県内の発症事例も

www.pref.kanagawa.jp

 

う~ん、37.3°では「厚生労働省」の基準以下ですし、

神奈川県内の発症事例からも私が感染するとは思えない。

ただし、これから熱が上がるかもしれないし・・・

事例も判明している範疇の話だから・・・

 

とにかく都合の良いことに歯医者から処方してもらった

「鎮痛剤」が残っているので服用する。

 

まぁ普段睡眠取らなすぎだからということで

早々に就寝、歳を取ってからというもの長時間一気に

寝れなくなっているのですが翌日(土曜日)は6:00AM

くらいまでは寝れました。

起きてすぐに検温すると・・・36.6°

腰の痛みは相変わらずですが、それ以外体に変化はありません。

当日の午前中は特に用事もないので水分をそこそこ取って

また寝ました。

そして・・・昼過ぎに改めて検温すると・・・36.3°

 

それ以降いちよ軟禁状態だったので、

読みかけの本を読んだり、まれにみるまったりした

時間を過ごし、夕食は家族とともに取りました。

 

妻いわく「大丈夫なの?」

「えっ普段とたいしてかわんないよ」

「いちよ、家の中でもマスクしてね」

マスクするだけで家族が安心するなら、

それを受け入れます。

 

ちょっとお休みしてしまったブログですが、

今も家の中でマスクしながら書いています。

 

本当に私は大丈夫なのか?

家族もメディアも騒ぎ立てるので・・・

実は今も半信半疑なんだけど・・・

熱は全然ありませんし、喉も痛くないし、

咳も出ないし、倦怠感もありません。

腰は寝すぎたせいでちょっと違和感がありますが

痛みはないです(笑)

 

幸いにも歯医者で処方していただいた「鎮痛剤」は

「歯痛」にも「解熱」にも活躍した次第(笑)

 

最後までお付き合いありがとうございます。

 

(了)