sugarless time

甘い80年代から甘くない現在を行き来します。

キャメル・シガー vs ラッキーストライク・シガリロ

キャメル・シガー・ライト・ボックス

f:id:sugarless_ice:20200105174537j:plain

消費増税 

2019年10月1日消費増税にともない

多くのタバコが値上がりしました。

 

時期を同じくJTで発売する年配の方にはお馴染みの

比較的に安価であった「わかば」、「エコー」、

ゴールデンバット」も生産を終了し、

現在店頭に並ぶものがなくなり次第販売も終了します。

※現在いずれもシガーとしてブランドを継続しています。

 

ただでさえ喫煙者には厳しいご時勢、

タバコの値段もしかりだが、喫煙者の私としては

喫煙場所のほうがさらに切実な問題なんですけど、

今回は肩身の狭い喫煙者を価格面で助けてくれるお話です。

 

2019年8月

消費増税に先立つ2019年8月

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(以下BAT)社が

ラッキーストライク・シガリロ・フィルター」を発売

f:id:sugarless_ice:20200105175517j:plain

画像はラッキーストライク・フィルター・シガリロ・6

発売当初は20本入り350円でしたが、

10月1日より消費増税にともない現在360円

同シリーズは以下の2銘柄

 

2019年12月

消費増税後の2019年12月

日本たばこ産業(以下JT)が

「キャメル・シガー・ボックス」を発売、

コンビニでの「キャメル」推しが凄いので知りました(笑)

同シリーズは以下の3銘柄

  • キャメル・シガー・ボックス
  • キャメル・シガー・ライト・ボックス
  • キャメル・シガー・メンソール・ボックス

 

キャメルとは・・・

元々はR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー(以下RJR)が

1913年にアメリカで発売され、RJR製造品は2003年まで

日本でも販売された。

その後JT移行で日本人向けブレンドに変更するが、

販売は低迷し2011年に一部商品の販売を終了するも、

販売再開の要望に応え2013年からドイツ製造品を輸入販売、

そして「キャメル・シガー」発売とともにドイツ製造品は販売終了。

更に詳しくは以下を参照。

ja.wikipedia.org

 

シガー(シガリロ)とは・・・

一般には「葉巻」タバコのことを呼ぶ。

一般に多くの人が嗜好する「紙巻」タバコがたばこの葉を紙で巻いて

いるのにたいし「葉巻」タバコはたばこの葉を「たばこの葉」で巻くのが特徴。

更に詳しくは以下を参照。

ja.wikipedia.org

 

比較

20本入り360円は喫煙者としては気になります。

実は消費増税前に今まで吸っていた「ラーク・スマートプラス1mg」

から「ラッキーストライク・フィルター・シガリロ・6」に

たばこを代えています。

 

概観

f:id:sugarless_ice:20200105215603j:plain

f:id:sugarless_ice:20200105215647j:plain

下の画像が横から見たパッケージですが、キャメルは

ラッキーストライクの2倍以上の厚みがあります。

上の画像も見れば解ると思いますが、タバコの太さも

一目瞭然ですよね、キャメルは従来の紙巻きタバコよりも太く、

ラッキーストライクは従来の紙巻きタバコよりかなり細いです。

 

味について

ラッキーストライク・フィルター・シガリロ・6」以前は

長年「ラーク・スマートプラス1mg」を吸っていたので、

ラッキーストライク」に代えた当初はキツくないかなと危惧

していたのですが、タバコ以外の味わい部分に魅了されキツさ

とか気になりませんでした。

その味わいとは「カカオに似た芳醇で濃厚な香り」

なんて表現がしっくりします。

また紙巻きタバコ固有の雑味もなく値段以上に魅力を感じ

ラッキーストライク・シガリロ」派になっているのですが・・・

 

キャメル・シガー・ライト・ボックスを吸ってみた

ライトは従来のタール値でいうと4mgに相当するらしいのですが、

味わいは「ラッキーストライク」と同じく

「カカオに似た芳醇で濃厚な香り」吸わないまでも火をつけずに

タバコの香りを嗅ぐだけでも十分に伝わってきます。

火をつけ吸ってみると・・・

ラッキーストライク」より軽いですね、その軽さの原因は

4mgと6mg相当の差なのかというと違う気がします。

たぶんタバコの太さ(たばこ葉の密度)に起因していると思われます。

ラッキーストライク」はダイレクトに味が伝わってくるのですが、

「キャメル」はじわりじわりという感じですかね。

ですから繰り返し言ってる「カカオに似た芳醇で濃厚な香り」も

ラッキーストライク」のほうが感じやすいです。

 

それとタバコの太さ(たばこ葉の密度)に起因すると思いますが、

ラッキーストライク」と「キャメル」では火を着けてからの持続時間が

違いますね、「キャメル」のほうが長時間味わえます。

 

まとめ

味わいじたいに大きな差はないし、他の電子タバコを含む紙巻タバコ

より安価で購入できるので愛煙家には両製品ともにオススメです。

わたしてきには従来のタバコよりコンパクトで味わい深さもダイレクトな

ラッキーストライク」のほうがやっぱ好きですね。

 

「キャメル」についてですが、その太さというのは「葉巻」を

味わっているという優雅な気分にはさせてくれます。

 

企業はタバコ離れの加速化を防ぐべく努力してくれてますが、

喫煙場所のほうが切実な問題なんだよな~

もちろん受動喫煙NGは理解してますよ。 

 

健康のためによくないのは解っていますが、

止めれないわけではなくタバコはロマンなのです(笑)

 

(了)