sugarless time

甘い80年代から甘くない現在を行き来します。

Say Say Say:Paul McCartney and Michael Jackson

クリマスマイブですね~

それっぽい記事書きたかったのですが、

特にないのでポールの道化師姿が

クリスマスっぽい?ので大好きな作品紹介します。

 

わたしは・・・

「これを超えるプロモーションビデオを知らない」

 

「Say Say Say」

ポール・マッカートニー and

マイケル・ジャクソン

 

日本国内でプロモーションビデオを頻繁に

見れるようになったのは1980年代初め、

民放でもっともポピュラーな番組としては

小林克也パーソナリティの「ベストヒットUSA」ですね。

ja.wikipedia.org

 

1989年に番組は終了するものの21世紀に入り

現在はBS朝日にて放送中。

www.bs-asahi.co.jp

 

神奈川県民である私はというと、どっちかというと

「ベストヒットUSA」より後発ですが、洋楽に興味を

持ち出した頃にTVKテレビ神奈川)でスタートした

 

「SONY MUSIC TV」

ja.wikipedia.org

 

「billbord TOP40」

www.tvk-yokohama.com

ja.wikipedia.org

 

そして音楽のみの番組ではありませんでしたが、

「ファンキートマト」

ja.wikipedia.org

 

などなどに食いついてました、ぼちぼち一般家庭にも

ビデオデッキが普及しだしたという時代でしたが、

当時の我が家(実家)にはまだなかったので、

基本リアルタイムで見るしかなかったんですよね。

 

そんな日本での洋楽に特化した番組の創成期に

見たポール・マッカートニー and

マイケル・ジャクソン

「Say Say Say」は衝撃でした。

 

当時の二人について時系列でおさらい、

ポール・マッカートニー:PM

マイケル・ジャクソン:MJで表記。


1978年8月 Diana Rossとのシングル「Ease On Down The Load」リリース(MJ)

1979年1月 ソロデビューシングル「You Can't Win」リリース(MJ)

1979年8月 アルバム「Off The Wall」リリース(MJ)

1980年1月 大麻所持により日本公演中止(PM)

1980年12月  John Lennon死去(PM)

1980年5月 アルバム「McCartneyⅡ」リリース(PM)

1981年11月 「Say Say Say」録音(PM&MJ)

1982年4月 アルバム「Tug Of War」リリース(PM)

1982年3月 Stevie Wonderとのシングル「Ebony and Ivory」リリース(PM)

1982年10月 シングル「The Girl Is Mine」リリース(PM&MJ)

1982年11月 アルバム「Thriller」リリース(MJ)

1983年1月 シングル「Billie Jean」リリース(MJ)

1983年2月 シングル「Beat It」リリース(MJ)

1983年5月 シングル「Wanna Be Startin' Somethin'」リリース(MJ)

1983年7月 シングル「Human Nature」リリース(MJ)

1983年9月 シングル「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」リリース(MJ)

1983年10月 アルバム「Pipes Of Peace」リリース(PM)

1983年10月 「Say Say Say」リリース(PM&MJ)

1983年11月  シングル「Thriller」リリース(MJ)

 

「Say Say Say」リリース時にはすでに

マイケル・ジャクソンは世界で最も売れたアルバム

「Thriller」をリリース、更にシングルカットされた「Billie Jean」

ビルボード1位を獲得するなど誰もが知るアーティスト。

なんですけど、なんか懐疑てきな思いで見ていたんですよね。

ところが「The Girl Is Mine」ポール・マッカートニー

と共演してるし、やっぱ凄いんじゃないと思いだした頃に

これです。

 

上記時系列にありますが、録音じたいは1981年11月

なのですが、それが良いんですよね。

映像を見れば解ると思いますが、とにかく「マイケル」が若くて

初々しいんです!

 

こちらも映像で見て欲しいんですけど、

「リンダ・マッカートニー」綺麗です。

「マイケル」の姉ラトーヤ・ジャクソン

出演してます。

 

40代以上の世代はみな見ていると思うんですけど、

40代未満の世代ってどうなのかな?

世代に関係なく見ていない人は必見ですよね。

 

www.youtube.com

 

 

もちろん、この作品以降も沢山のプロモーションビデオを見てきました。

最近は音楽番組じたいを見ることはなくなったので、

もっと凄いのがあるかもしれませんけど、

わたしのなかでは

 

「これを超えるプロモーションビデオを知りません」

 

(了)