sugarless time

甘い80年代から甘くない現在を行き来します。

大江千里がないんですけど!?

 

大江千里がないんですけど!?

 

って何がないかというと・・・

(生活圏および通勤圏の)ブックオフ

大江千里のCDがないんですけど!?

 

20数年前大江千里がブレイクする前後から好んで聴いていました。

当時はちゃんとCDも定価で購入してました。

うろ覚えですけど、以下のアルバムを持っていたと思います。

Pleasure

未成年

1234

Sloppy Joe

 

レンタルしてダビングしたアルバム

WAKU WAKU

乳房

AVEC

OLYMPIC

redmonkey yellowfish

APOLLO

 

APOLLOを最後に好んで聴くことはなくなり、

結婚を契機にCDは売却、カセットテープはどこに行ったか解りません。

 

自分が聴かなくなった頃と平行して大江千里の活動範囲も

音楽だけでなくテレビドラマへの出演など多岐におよんでいきます。

聴かなくなった最大の要因となったのが、

 www.tbs.co.jp

 

TBSドラマ「結婚したい男たち」の主題歌でもあり、

大江千里最大のシングルセールスを記録した格好悪いふられ方ですかね。

今でも大江千里の代表曲扱いされていますが私は嫌いです。

私の好きな大江千里というのは面倒くさく表現すると、

少年から青年への成長への過程のなかでのロマンティックな想い、

メロディももちろんですが、歌詞にも情緒があったんですよね、

ところが格好悪いふられ方はそういうロマンティックな想いを

感じることは皆無で感じるのは商業的なものだけ・・・

 

例えば、十人十色のサビの♪僕を選・・・後悔させない♪とか

BOYS & GIRLSのサビの♪十年経・・・・トは君と♪

などの歌詞にロマンを感じますよね。

 

7,8年ほど前に急に聴きたくなりブックオフで、

たぶん¥500(税抜)で購入したのが、画像も悪いですが、

そもそも古い作品ですし中古なんで年季も入っています。

f:id:sugarless_ice:20191201180035j:plain

 

購入した頃はブックオフの¥500コーナーで大江千里のアルバムは

選び放題な状態だったんですけど、そんなに沢山はいらないので、

お気に入りの曲がはいっていたSloppy Joeを購入。

ちなみにお気に入りの曲とは・・・

BOYS & GIRLS

 

そして、一年ほど前にやっぱ他の曲も聴きたいと思い立ち

ブックオフに行ってみたら、大江千里のアルバムが

格安コーナーももちろん、通常価格のコーナーにも皆無!?

80年代コーナーにもありません。

 

なんでなんで???

ちなみに特に聴きたくなったのは以下の曲

十人十色

おねがい天国

GROLY DAYS

REAL

 

その後も通勤圏内、生活圏内のブックオフに寄るたびに

チェックするのですが状況は変わりません。

 

そんなおりにカーラジオ(いつもFM横浜)から流れてきた

聴き覚えのある曲、しかし歌っている人は別人。

曲の終わりにアーティスト名が告げられた瞬間、

思わず「これか!?」とつぶやいていました。

曲名:「Rain」

アーティスト名:秦基博

 

いまさらですか!?

とか言わないように・・・

 

その後、さらに衝撃の事実が

秦基博 Rain”で検索すると・・・

 

新海誠監督言の葉の庭エンディングテーマ

www.kotonohanoniwa.jp

2013年作品なので今ほどではないにせよ、

君の名は。」の相乗効果でレンタル店でもけっこう

貸し出されていた記憶が・・・

 

www.kiminona.com

 

ちなみに私の妻は「君の名は。」を劇場で観た後に

速攻で「言の葉の庭」をレンタルしていたのですが、

その際に私は観てません。

ちなみに私は「君の名は。」、「天気の子」は劇場で観てますし、

言の葉の庭を除く新海誠作品はあらかた観ています。

tenkinoko.com

 

その事実を知った後に「関ジャム完全燃SHOW」でも

タイミングよく「Rain」が・・・

www.tv-asahi.co.jp

 

さらに槇原敬之も「Rain」を含む

カバーアルバムを出しているじゃないっすか!?

「Listen To The Music」に「Rain」

www.sonymusicshop.jp

 

「Listen To The Music3」では

「Rain」、「BOYS & GIRLS」、「きみと生きたい」

www.sonymusicshop.jp

 

さらに最近発売された

「The Best Of Listen To The Music」

にも「Rain」が収録されています。

sp.universal-music.co.jp

 

いまさら「何言ってんですか?」

とか言われそうだけど・・・

 

槇原敬之じたいはそんなに好みのアーティストでは

ないんですけど、J-POPにおける存在感とか凄さは

理解しているので、なんか嬉しいです。

関係ないけど上記カバーアルバムの発売元がバラバラなのも

なんか興味をそそりますね。

 

 話を本筋に戻しますと・・・

80年代~90年代にかけて大人気だった大江千里

徐々にメディアから取り上げられることも少なくなっていきます。

 

同じ頃、わたしも結婚して子供出来て、そこそこイクメンだったので

ゆっくり音楽を聴く機会も激減してたのですが、

子供も成長して時間に余裕ができてきました。

 

そんな頃にブレイクしてきたのが星野源

おいおいいまさら大江千里の二番煎じじゃね?

見るからにいい人感を漂わせてからに・・・

大江千里世代のわたしには大江千里のほうが

音楽的には絶対良いというのを自己確認したくなり、

あらためて大江千里の過去作品を求めるように

なったのも大きな要因のような気がしてます。

 

そして過去の作品とは別に大江千里の近況も知りたくなるよね、 

そしたら2007年にJAZZを学ぶために渡米、

2012年にはJAZZピアニストとしてデビューアルバムを

発表しているじゃないっすか?

 

JAZZへの造詣は浅いので多くどころか少しもここでは

語りませんけど(汗)

 

www.sonymusic.co.jp

 

大江千里が今もジャンルをかえて活躍しているのは嬉しい限りです。

それよりなんで大江千里のアルバムがブックオフにないかの

本当の理由は解りません、これってわたしの生活圏だけの事象?

ちなみにわたしの生活圏は横浜じゃない神奈川、23区じゃない東京です。

他の地域の情報あったら教えてください。

 

そして色々調べてあらためて思ったのが、ブックオフでCD探す時間と

手間を考えたらネットで買うとか、ダウンロードすれば良いんじゃない(笑)

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今回は構成とか考えずに思ったことを書いてみました。

 

(了)